PC

【ネタバレなし】終わる世界とバースデイ【レビュー】

ノベルゲームのジャンルに含まれると思うので多くは語れないのですが…コットンソフトから2012年7月に発売されたPC向けアダルトゲームです。

正直めっちゃ気に入っているもののアダルトゲームという性質を考えると万人に勧めることができないので、ここで宣伝します。

終わる世界とバースデイ→公式サイト

ゲームの雰囲気がなんとなくわかります。曲がすごい好きです。

“夏の終焉り”という曲らしい。なんとiTunesで買えるんですよね~

ストーリーについて

ネタバレしない範囲で書きます。

ゲームタイトルや公式サイトのストーリーからわかると思うのですが、この世界には「世界の終わり」がやってきます。

このゲームは、それをどう防ぐか、などではなく、「世界が終わる最後の日まで、ヒロインとどう生きるか」がテーマになります。これだけでつらそうな話なのがわかりますね…

ストーリー、本当によくできていたと思います。完全に泣かせにきていた。何がどう泣けるのかは、こればっかりはやってもらわないとなのでノーコメントで…

ゲームシステム

最近よくあるノベルゲームです。選択肢によってストーリが変化する場合がある。

ただこのゲームで面白いと思ったのは、「このうちどれかを選んだらストーリーが(悪い方に)変化するよ!」という警告が表示されることです。

以下のパターンがあります。

普通の選択肢

img_0292-768x1024n

普通の選択肢です。何を選んでも大丈夫。気になるものを選べばokです。

黄色の警告

img_0292-768x1024y

少し危険な選択肢です。何かどう危険かというと、この黄色の警告が出る選択肢はいくつかあるのですが、そのうち◯個以上不正解を選んでしまうとまずいことになる、というものです。
黄色と黒のテープみたいなのが出て警告されます。

 赤色の警告

img_0292-768x1024r

大変危険な選択肢です。これを間違うと、即まずいことになります。
赤色と黒のテープみたいなのが出て警告されます。警報のような音も鳴るので大変心臓に良くないです。

このシステムのおかげでかなり慎重に選択肢を選びますし、危険を煽られるので緊張感が増します。

ゲームのビジュアルについて

危険を警告されるほどなので、このゲームがある程度恐怖の要素を含んでいることは予想できます。オープニングムービーにも血気盛んな人たち(?)がちらほら映ってますしね。

流血シーンはあるのか

オープニングムービーである通り、多少ありました。しかし、他の人のレビューを少し見たのですが、「グロテスクなシーンを含むアダルトゲームとしては、そこまでグロくないほう」らしいです…。個人的には少しショッキングだったなあとは思うんですけど…

女の子の可愛さ

これについては好みの問題も大きいと思うので、ぜひ公式サイトを見て考えてください。
立ち絵がなんか微妙に見える子もいるんですけど、イベントCGはとても可愛いと思うので、ぜひ見て欲しいです。

総評

アダルトゲームなので好みや年齢等の問題があり全ての人に勧めることはできないのですが、それらに問題がないのであれば、ぜひ遊んでほしいです。私はこのゲームを終えてから、より女の子が好きになりました。

全てのキャラクターを攻略しようと思うとそこそこ量がありますが、それを超えて初めて見えてくるものがあるゲームです。ぜひ。

大天使かわいいよ…

▼通常版です。Windows7までしか対応していないので要注意!

▼これはDXパックで「終わる世界とバースデイ」以外の2つの作品もセットになった商品のようです。こちらはWindows8まで対応している!個人的にはこっちがオススメです。

(2019年03月23日追記)実は最近になって、えっちコンテンツを除いたVita版も発売されています。もう一回やろうかな・・

コットンソフト「終わる世界とバースデイ」応援バナー
▲かわいい応援バナーありました。

おすすめ記事

  1. PlayStation4

    【ネタバレなし】NieR:Automata(ニーア オートマタ)【レビュー】
  2. PlayStation3

    【ネタバレなし】BAYONETTA,ベヨネッタ2【レビュー】
  3. PlayStation3

    【ネタバレなし】憂世ノ志士【レビュー】
  4. PlayStation4

    【ネタバレなし】P3D・P5D【レビュー】
  5. PlayStation4

    【ネタバレなし】V!勇者のくせになまいきだR【レビュー】
PAGE TOP