PlayStationVita

【ネタバレなし】大江戸BlackSmith【レビュー】

日本一ソフトウェアから2014年11月に発売された「大江戸BlackSmith」のことを思い出したので、個人的な感想をまとめておきます。発売日に遊んで今(2016年10月)記事を書いているので、そこそこうろ覚えですが…

大江戸BlackSmith→公式サイト

ゲームのあらすじ

公式サイトにも色々書いてありますが、

①余命1年の鍛冶屋となり
②嬢郭(お金を払うと女の子と遊べるところ)へ通うためのお金を稼ぐ

感じのゲームです。私は最初にこのシステムを聞いたとき、人間の欲望が交錯するゲスい話を想像していたのですがそんなことはありませんでした。

ゲームの流れ

だいたいこんな感じ。

img_1101

余命1年で嬢郭に通おうとはなかなかだな…とは思うのですが、想像以上にストーリーはよく出来ていました。私は結構好きです。

ゲームシステム

やっぱゲームシステムわかんないと購入決めらんないですね。公式が出してるシステム紹介ムービー置いときます。

以下、ゲームシステムについて個人的な感想を述べてます。

ダンジョンについて

風来のシレンとかのような不思議のダンジョン系ですが、敵と遭遇すると戦闘シーンに入ります。(公式サイト見てください)ランダムエンカウントだった気がします。

ダンジョンでは「鍛治に必要なアイテムの回収」をします。

士気

このゲームのダンジョンでまず重要なのは「士気」だと思います。

img_0288

日付の下のところにある、「士気」が探索に必要なのですが、
ダンジョン内で行動をすると士気は少しずつ減っていきます。
自分が遊んだゲームだと、「ポケモン不思議のダンジョン赤の救助隊」にあった空腹システムみたいな感じですかね?満腹度が0になると強制送還。

ただこの士気は回復手段がなかったと思うし、もちろん無くなって強制送還となると、入手した素材もかなり失います

まあ逆にいうと「士気がある限りはいつまでも探索できる」んですけどね。その辺りのバランスはちょうど良いです。

持ち帰ることができる素材の量に制限がある

帰還の際に持ち帰る素材を選択することにもなりますが、連れている仲間によって持ち帰ることができる量も変わってきますのでそこも重要ですね…

ですから、あまりダンジョンに長居して大量に素材を集めても、全てを持ち帰ることはできなかったり。少し頭を使います。

こうしてみると、ダンジョンはきちんとゲームしていると思います。なかなか面白かった。

武器の強化について

このゲームの一番の問題はここですね…思い出したら悲しくなってきた。

工房で制作した武器を強化することによってさらに高値で売ることが出来、有効活用したいところなのですが、この強化のミニゲームがマジでクソほど面白くないという。正直擁護できないです。

なんかこんな感じの画面なんですけど、

img_1103

「オレンジの大きな丸が徐々に小さくなり、小さな丸と重なったタイミングで丸をタッチ!タイミングが良ければ得点が上がり、より高値で売れるぞ!」って感じのゲームなんですが、正直苦行でした

難易度としては特に難しいわけではなく、音楽ゲームのようにノリノリで出来るものでもなく…しかしこれをやったほうが早く金も稼げるってことでやるしかなく、大変精神的によろしくありませんでした。特に、終了時にVitaの画面に指紋が整列しているのを発見した時の恐怖といったら…

この「武器強化システム」だけはない方が良かったんじゃないかと思います。

嬢郭あそびについて

このゲームのウリはここだと思うので、やっぱ可愛いです。ゲームか?と言われるとちょっと返答に悩みますが、可愛さえっちさがウリなので大丈夫です。

女の子をタッチして規定回数以内に満足させてあげる「前ノ戯~マエノタワムレ~」は、「どこを触ればいいのか?」というヒントは特に無く、勘でタッチするしかないので失敗することもあります。もちろん失敗すると「後ノ戯~アトノタワムレ~」に行くことは出来ないのですが、「人を相手にしている」と思うと、視覚的なヒントが出るのは現実感薄れるかなあ…というところなので許容範囲です。そんなに失敗することもないですしね。

その他

UIや操作性

UIはゲームの雰囲気を損なっておらず、また読みづらいこともなかったので、良い出来だと思います。

操作についても特に気になる点はありませんでした。

ストーリーと女の子について

ストーリーについては特に触れませんが、私はかなり好きなお話でした。主人公の余命1年という設定もあり、しっとりと心温まる感じの恋愛ゲームとしてきちんと成り立っていたと思います。

攻略できる女の子は3人ですが、ダンジョン攻略で手伝ってくれる女の子たちとも少しお話があるので、そこは嬉しかったですね。

女の子が可愛いかどうか、とかは好みの問題も大きいと思うので、ぜひ公式サイトで絵や声を確かめてください。

img_0314

▲清花ちゃんが好きです♥

総評

「武器強化システム」以外は大いに満足です。女の子が可愛い、ストーリーもなかなか良い、ダンジョンも結構おもしろい。いいところ全てを「武器強化システム」が台無しにしている感じもしますが…少し勿体無いです。

武器強化システムを許せるなら、遊んでみてもいいと思います。それくらい武器強化が苦行だった。

清花可愛いし、売れてほしいなあ、売れたのかな…

関連記事

  1. PlayStation4

    【ネタバレなし】P3D・P5D【レビュー】

    2018年5月24日、アトラスから発売されたリズムゲーム。前作…

  2. PlayStation3

    【ネタバレなし】オーディンスフィア レイヴスラシル【レビュー】

    2007年5月17日にアトラスより発売された「オーディンスフィア」のリ…

  3. PlayStationVita

    【ネタバレなし】P3D・P5D発売に向けてP4Dを振り返る

    2015年6月15日、アトラスから発売されたリズムゲーム。2018年5…

  4. PlayStation4

    【ネタバレなし】キャサリン フルボディ【レビュー】

    2019年2月14日にアトラスから発売されたアクションパズルゲーム。P…

  5. PlayStation4

    【P3D・P5D】PSVita版P4Dで購入したDLCはDL版でも遊べる

    PS4・PSVita向けに発売されたペルソナのリズムゲーム「P3D」「…

おすすめ記事

  1. PlayStation4

    【ネタバレなし】The Last of Us Remasterd【レビュー】
  2. PlayStation3

    【ネタバレなし】憂世ノ志士【レビュー】
  3. ニンテンドーSwitch

    【ネタバレなし】ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド【レビュー】
  4. PlayStation4

    【ネタバレなし】P3D・P5D【レビュー】
  5. PlayStation4

    【ネタバレなし】Marvel’s Spider-Man【レビュー】
PAGE TOP