PlayStation4

【ネタバレなし】NieR:Automata(ニーア オートマタ)【レビュー】

2017年2月23日にスクウェア・エニックスから発売されたアクションゲーム。開発はあのプラチナゲームズですので、まあアクションゲームとしての面白さはやる前から担保されている可能性が高いです。

あまりにもみんながやれよというので購入しました。ベヨネッタで何度か不快な思いをさせられたプラチナのゲームを果たして楽しめるのかという不安もありつつ…

とりあえず脚本がプラチナじゃないので安心して遊ぼう

ベヨネッタの一件で、まあこいつ脚本どうなってんねんと怒り狂ったので、またプラチナか~と思いたくなるところですが、今作はスクウェア・エニックスとの共同開発であり、ディレクターはヨコオタロウ氏です。

知らない人は知らないかもしれません。私も以前からよく知っていたわけではありません。

しかし熱狂的なファンというか信者というか、そういう者は多く居るようで、「ヨコオタロウの新作だ!」と期待値も高かったようですね。

ヨコオタロウって誰やねんという方は検索してみてくださいと言いたいところですが、多分検索すると大量にネタバレを含む記事が出てきますので、自己責任でお願いいたします。

ヨコオタロウの作風

まあ自分もヨコオタロウ氏の作品をそんなに遊んできたわけではないので、今作やネットで見かける情報から推測すると、まあダークというか絶望的というかそんな感じです。

そのなかで繰り広げられる物語に心惹かれる人は多いようで、一大勢力を築いてますね(?)

前作を遊んでいないと楽しめない?

この作品には前作となる「ニーア レプリカント(ゲシュタルト)」という作品が存在していますが、結論から述べると、遊んでなくても十分に楽しめます。

ただ、ヨコオタロウ氏の作品の傾向として、かなり深めに設定が作り込まれており、一応前作と世界線は繋がっているようです。

私は前作レプリカントは遊んでいませんが、それでも十分に楽しめました。

クリアしてみて思うのは、もっと深く作品を知りたい、楽しみたいと思うのであれば、ニーア レプリカントを遊んでおくことをお勧めします。

逆に、オートマタをクリアしてから色々気になってきたらレプリカントを遊ぶ、というのもアリだとは思いますが。

ベヨネッタで生まれたプラチナへの謎の疑問

以前筆者はプラチナゲーム開発のベヨネッタ1・2ともに遊んでおり、その際に「面白い!面白いしかっこいいのに・・・なんでや!」

と2作とも最終的にブチギレるというなんかよくわからんことになりました。ネタバレになりかねないのであまり詳しくは記載しませんが、プラチナのシナリオ書いてるやつなんなんやろ・・・という気持ちを抱く羽目になりました。

今作は前述したようにプラチナゲームズ以外の人間も関わっての開発なので、その点は安心できる作だと思います。

実際遊んでいて、ベヨネッタの様な疑問は発生しませんでした。むしろベヨネッタで生まれていた疑問を全部解消してくれたくらいです。

ネタバレになりかねない部分もありますしちょっとここでは書けませんので、この私の疑問が何なのか知りたければ私に直接連絡してくれれば返答します。そこまで気になることではないと思いますけど。

アクション性は単純にベヨネッタの上位互換

アクション性としては、ほとんどベヨネッタと変わらないのではないかと思います。

加えて、回避のストレスやコンボ攻撃、射撃援護などもあり、単純に快適性が向上しているように感じました。

ベヨネッタの場合は死が直接ゲームスコアに直結すること、さらに謎にシビアなQTEが死に直結することがかなり負担となっていましたが、それらは改善されていました。

アクション+シューティングをきちんと分離していた

これは好みの問題もあるかと思いますが、個人的にアクションメインのゲームで唐突に始まる別のミニゲーム(シューティングとかレースとか、しかも謎にめっちゃ難しいうえにゲームの進行上回避不可能)が嫌いなのですが、今回この件に関しては全く不満を感じませんでした。

それもそのはず、こういったアクションメインのゲームに別ジャンルの要素を追加する場合というのは、往々にしてマンネリ化を防ぐための対策であったりするのですが、完全に新規システムとして作ることはほとんどありません。

もともとの操作性をベースに別のゲームを遊ばせようという制作側の苦肉の策である場合が多く、「システムはアクションなのに無理矢理シューティングに寄せる」という突貫工事のようなことが起こりやすいのです。

また、完全に新規システムとしてミニゲームを組み込んでいる場合でも、ミニゲーム制作にかけるコストはそもそも少なく、作り込めていない場合が往々にしてあります。

で、ようやくニーアオートマタの話なのですが、今作は後者のアクションゲーム+新規のシューティングゲームのほうです。

なのですが、シューティングゲーム部分にストレスを感じることはありませんでした。シナリオ的にも不自然な部分はなく、難易度も程よく、切り捨てる部分は思い切って切り捨てており、別ジャンルのシステムが組み込まれていることに対してのストレスはありませんでした。

ガチガチの硬派アクションじゃないのかと驚かれる人もいるかと思います。私もその一人です。

今作は、「硬派アクション、時々硬派シューティング、時々プチシューティング」くらいの割合ですのでそれはあらかじめ知っておいた方が良いように思います。びっくりするので。

総評

大満足でした。ベヨネッタでのあまり良い思い出のないプラチナゲームズ開発でしたが、上手い人がまとめるとちゃんとめっちゃ面白いゲームになるんだなあと感じた作品です。プラチナゲームズには良い話を書くシナリオライターとかいないんでしょうかね。

PS4で買うゲームを悩んでいる人にはとりあえずお勧めします。ヨコオタロウ氏の作風が合う、合わないがあると思いますので、作風確認のために現在配信中のスマホ向けアプリ「シノアリス」などを遊んでみるのが良いのではないでしょうか。

関連記事

  1. PlayStation4

    【ネタバレなし】P3D・P5D【レビュー】

    2018年5月24日、アトラスから発売されたリズムゲーム。前作…

  2. PlayStation3

    【ネタバレなし】オーディンスフィア レイヴスラシル【レビュー】

    2007年5月17日にアトラスより発売された「オーディンスフィア」のリ…

  3. PlayStation4

    【ネタバレなし】グランツーリスモSPORT【レビュー】

    2017年10月19日にソニー・インタラクティブ・エンタテインメントか…

  4. PlayStation4

    【ネタバレなし】Marvel’s Spider-Man【レビュー】

    2018年9月7日にソニー・インタラクティブ・エンタテインメン…

  5. PlayStation4

    【P3D・P5D】PSVita版P4Dで購入したDLCはDL版でも遊べる

    PS4・PSVita向けに発売されたペルソナのリズムゲーム「P3D」「…

  6. PlayStation4

    【ネタバレなし】ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション【レビュー】

    2016年9月にスパイク・チュンソフトから発売されたPS4版の「ウィッ…

おすすめ記事

  1. PlayStationVita

    【ネタバレなし】P3D・P5D発売に向けてP4Dを振り返る
  2. PC

    【ネタバレなし】終わる世界とバースデイ【レビュー】
  3. PlayStation4

    【ネタバレなし】P3D・P5D【レビュー】
  4. PlayStation3

    【ネタバレなし】憂世ノ志士【レビュー】
  5. PlayStation3

    【ネタバレなし】BAYONETTA,ベヨネッタ2【レビュー】
PAGE TOP